ヤセ菌を増やすと自然に痩せる!

ヤセ菌を増やすサプリ~腸内環境を改善して痩せやすい体に!

ヤセ菌を増やしてデブ菌を減らす。

これを食事でやろうとすると、手間や費用だけでなく期間もかかります。

でもサプリなら、手軽に必要な成分をまとめて摂れるから、早くてコストも安いです。

ヤセ菌、デブ菌とは?

ヤセ菌、デブ菌とは、私たちの腸内に棲んでいる腸内細菌のことです。

私たちの腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という大きくわけて3種類の菌が棲んでいます。

善玉菌が多いと痩せやすく、
悪玉菌が多いと太りやすいため、

善玉菌は「ヤセ菌」、
悪玉菌は「デブ菌」
と呼ばれています。

ヤセ菌とデブ菌の大きな違いは、
ヤセ菌は食べたものを「発酵」させる菌、
デブ菌は食べたものを「腐敗」させる菌、
だということです。

発酵食品は体に良い、
腐った食べ物は体に悪い、
こう考えると、善玉菌、悪玉菌と呼ばれる理由が分かりやすいですね。

腸内に「ヤセ菌」が多いと痩せやすい。
逆に「デブ菌」が多いと太りやすい。

ダイエットのために運動や食事制限、ダイエットサプリなど、いろんなことをやってみたけど、
思うような結果が出ない。
だから続かない、という方も多いと思います。

でも実は、
腸内にヤセ菌を増やすだけで自然と痩せることができ、
その他のダイエット方法の効率もアップします。

ダイエットするなら、まず最初にやるべきことは、
ヤセ菌を増やして、デブ菌を減らすことだったのです。

ヤセ菌で痩せる理由

ヤセ菌(善玉菌)が多いと、なぜ痩せやすい体になるのでしょうか?

それは、ヤセ菌が腸内で食べ物を「発酵」することによって作り出す「短鎖脂肪酸」という物質に秘密があります。

短鎖「脂肪」酸というくらいだから、逆に太ってしまう印象があるかもしれませんね。

でも実際のトコロ、この短鎖脂肪酸が脂肪の蓄積を抑え、脂肪の燃焼を促してくれるのです。

秘密は「短鎖脂肪酸」にあり

ヤセ菌は食事で摂取した「糖」を発酵させて様々な「体に良い物質」を作り出すわけですが、その一つが短鎖脂肪酸です。

短鎖脂肪酸は腸から吸収されて、血液の流れに乗り、全身に送られます。

脂肪の蓄積を抑え燃焼を促進

そしてこの短鎖脂肪酸が「脂肪細胞」に働きかけると、脂肪細胞が中性脂肪を取り込むことをやめるのです。

脂肪とは、脂肪細胞に蓄積された中性脂肪のことなので、短鎖脂肪酸が脂肪の蓄積を抑える、ということになりますね。脂肪の

また、短鎖脂肪酸は筋肉などにも働きかけます。すると脂肪の燃焼が促進されます。

ヤセ菌が作り出す短鎖脂肪酸は、
脂肪の蓄積を抑えると同時に、
脂肪の燃焼を促進する働きがあるのです。

食欲が抑えられる

腸は「第二の脳」とも呼ばれるくらい、人間の思考や感情を制御しています。

これは、
腸に「腸神経系」と呼ばれる神経ネットワークが存在することと、
腸で作られる物質が脳や神経に作用する物質が多く作られることによります。

まず上でも説明した短鎖脂肪酸は、腸管のGPR41という受容体に結びつくと、「PYY」という食欲を抑えるホルモンを分泌します。

また、腸内では、
幸せホルモン「セロトニン」や、
快楽ホルモン「ドーパミン」
の「素」となる物質が作られます。これが脳に送られるとセロトニンやドーパミンとなり、「満足感」を得ることで食欲がセーブされます。

余談ですが、
幸せホルモン「セロトニン」不足で起こる「うつ」の患者の多くは、善玉菌が少なく悪玉菌が多い腸内環境が悪い状態で、腸内環境を整えることで治ることも多いそうです。

デブ菌で太る理由

デブ菌(悪玉菌)が多いと太りやすくなる理由は2つ。

デブ菌が作り出す「毒素」と、
ヤセ菌が減少してしまうことです。

「毒素」が肥満の原因に

デブ菌(悪玉菌)は「タンパク質」を「腐敗」させて、体にとって有害な物質を作り出します。

このデブ菌が作り出す有害物質を「毒素」といいます。

毒素もまた腸から吸収されて全身にまわり、いろんな「悪さ」をします。

毒素は細胞の「代謝」を悪くします。つまり、細胞がエネルギーを消費することをセーブしてしまうのです。

また、毒素は細胞を「老化」させます。すると当然、エネルギーの消費量は落ち込んでしまいます。

毒素は血液の流れを悪くします。血行が悪いとエネルギー消費も落ち込みます。

ヤセ菌が減少してしまう

デブ菌が増えることで、
ヤセ菌は減少してしまいます。

腸内細菌は腸管の表面に、菌ごとにグループを作って棲んでいて、お互いに縄張り争いをしています。

デブ菌はアルカリ性を好み、
ヤセ菌は酸性を好みます。

それぞれ自分たち好みの物質を作り出して、
「敵」が棲みづらい環境にしているのです。

腸内細菌が棲む腸管の面積には限りあるで・・・、

つまり、
デブ菌(悪玉菌)が増えた分、
ヤセ菌(善玉菌)が減るということです。

便通が悪くなる

さて、デブ菌が増えて痩せ菌が減ると、
ヤセ菌の恩恵が減ります。
さらにヤセ菌は腸管を刺激して腸粘液の分泌を促し、便通をよくする役割もあります。

腸粘液は便の水分調節や、便の潤滑剤の役割をしているので、腸粘液が減ることで下痢や便秘が起こりやすくなります。

便通の悪さは、悪玉菌が好む環境ですので、さらに悪玉菌の増殖を招いてしまい、さらにヤセ菌が減少してしまうことになります。

日和見菌を味方に付けよう

腸内には善玉菌(ヤセ菌)、悪玉菌(デブ菌)、日和見菌が棲んでいるとお話ししましたが、

腸内細菌の内の70%は「日和見菌」で、
日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優勢な方の味方をします。

つまり日和見菌は、腸内に
ヤセ菌が多いとヤセ菌として働き、
デブ菌が多いとデブ菌として働く、
ということです。

ヤセ菌とデブ菌の理想的な比率は、
2:1ですが、
これが逆転している方も多くいらっしゃいます。

ヤセ菌の割合を少し増やすだけで、
70%いる日和見菌の多くを仲間にすることができるのですから、ダイエットだけでなく健康や美容には腸内細菌のバランスはとても大事です。

 

本当にヤセ菌で痩せて、デブ菌で太るのか?

テレビ番組で、
デブ菌とヤセ菌を使ったマウス実験が紹介され英ました。

ヤセ菌を腸に入れたマウスと
デブ菌を腸に入れたマウスに、

同じ餌を、同じ量、同じ時間に与えたところ、

デブ菌マウスの体脂肪は27%増加
ヤセ菌マウスの体脂肪は47%増加

という結果が得られました。

番組内では「大食いアイドル」で有名な「もえあず」さんの腸内細菌を調査していました。
結果、腸内環境が「脂肪を燃焼する作用が高い」ことが判明し、
もえあずさんの「痩せの大食い」の理由が、「腸内にヤセ菌が多いこと」にあることが分かりました。

 

同様のマウス実験が海外でも行われていて、

数匹の無菌マウスに、
痩せている人の腸内細菌と
肥満の人の腸内細菌を
それぞれ移植。

食事や運動量など同じ条件で飼育したところ、

痩せている人の腸内細菌を移植したマウスは変化無し、
肥満の人の腸内細菌を移植したマウスは脂肪が増え太ってしまった。

同じ実験を何度やっても結果は同じだったそうです。

ヤセ菌を増やす方法

ヤセ菌を増やすには、
ヤセ菌の餌となるもの、
ヤセ菌の棲みやすい腸内を作るもの、
を摂取することです。

特に、ヤセ菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖を摂取することがとても重要です。

ヤセ菌の餌となるもの

ヤセ菌が餌として食べるものは、
「炭水化物」です。

とはいえ、ただ炭水化物を食べるだけでは、
逆に太ってしまいますよね。

ですので、炭水化物の一種でありながら、
胃~小腸で消化・吸収されず大腸まで届く、
「食物繊維」や「オリゴ糖」を摂取しましょう。

ヤセ菌に食物繊維やオリゴ糖を食べさせる(発酵させる)ことで、
ヤセ菌はさらに仲間を増やすとともに、
短鎖脂肪酸などの有用物質を作り出します。

ヤセ菌は自分たちの棲みやすい環境に腸内を変えていくので、
ヤセ菌が増えることでどんどんヤセ菌が増えやすい腸内環境に変わっていきます。

ちなみに、ヤセ菌(善玉菌)の餌を摂取して自分の腸内の善玉菌を増やすことを「プレバイオティクス」といいます。

ヤセ菌が棲みやすい環境を整えるもの

上でもお話ししたとおり、
腸内のヤセ菌は自分たちで自分たちが棲みやすい環境を作ります。

でも、それを外部から取り入れることもできます。

それが「菌」です。
正確に言えば、菌が外部で作り出した発酵代謝産物です。

「菌体」そのもの腸管免疫を刺激するなど役には立ちますが、ココに大きな期待はできません。

むしろ、その菌が発酵させて作り出した物質を摂取することの方が意味が大きいです。

菌といえばヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品。
またはキノコもそうですね。

「生きた菌」が良いのでは?

かつては「生きた菌」を摂取することで健康に役立つとする「プロバイオティクス」という考え方がありました。

これは、発酵乳(ヨーグルト)を食べることで健康・長寿になるという研究から生まれた理論ですが、
その菌は小腸までに死滅して大腸には届いていなかったことが後に判明。

現代では「菌体」が生きて大腸で働くのではなく、
菌が作り出した「発酵代謝産物」のおかげだったことが分かっています。

また、仮に生きて大腸まで届いたとしても腸内に定着することはなく、1日足らずで便と一緒に排出されてしまうことも分かっています。

今では「生きた菌を摂取しましょう」とは、「食品メーカー」しか言いません。

腸内細菌の研究者たちが言うのは、
「ヤセ菌の餌となる食物繊維またはオリゴ糖を摂取しましょう」です。

善玉菌の餌を摂取する「プレバイオティクス」と、
生きた菌を摂取する「プロバイオティクス」。
かつてはこの2本柱で成り立っていましたが、
プロバイオティクス理論が破綻しているのが現状です。

そこで、
菌の発酵代謝産物と、
善玉菌の餌となるものを摂取する
「バイオジェニックス」という新しい考え方があり、
まさに腸活ブームの今、広まっているところです。

ヤセ菌を増やす最強サプリはコレ!

ヤセ菌を増やすには、

が有効ですので、ほとんどの腸活サプリにはこれらの成分が配合されています。

でも実は、「富士フイルム」からヤセ菌を増やすのに最適なサプリが出ています。

それが「メタバリアEX」です。

配合成分

このサプリは普通の健康補助食品ではなく、
効果効能の表示が認められた「機能性表示食品」で、その対象となる成分が4種類も入っています。

一番上の「サラシノール」がメインの成分です。

サラシノールは糖を分解する酵素「α-グルコシダーゼ」の働きを弱めることで、糖が分解→吸収されることを防ぎます。

コレと同時に「難消化性デキストリン」(水溶性食物繊維)が糖を吸着して、糖の吸収を穏やかにします。

太る一番の原因である「糖」の吸収を抑えることができるというわけです。

でも、本番はココからです。

小腸での吸収を免れた糖は大腸まで運ばれて、善玉菌の餌となります。

つまり、太る原因の「糖」の吸収を抑えるだけでなく、その糖をヤセ菌に与えることでヤセ菌を増やす、ということです。

もちろん、「難消化性デキストリン」(水溶性食物繊維)もヤセ菌の餌となります。

「エピガロカテキンガレート」と「モノグルコシルルチン」は脂肪の吸収・蓄積を減らすダイエット成分ですが、今回の目的である「ヤセ菌を増やしてデブ菌を減らす」こととは少し離れていますので、説明は省きます。

効果は?

「健康な成人男性30名」に行った試験では、
4週間でビフィズス菌が「5倍」になっています。

ビフィズス菌とは善玉菌の99.9%を占める腸内細菌。
つまり「ヤセ菌」とはこの「ビフィズス菌」のことです。

たった1ヵ月でヤセ菌が5倍に増えるのですから、
最強のヤセ菌サプリといっても良いのではないでしょうか?

【参考】FUJIFILM メタバリアEX公式

ページのトップへ戻る